ギャルゲは高級品。だが、もし立ち回り次第でコスパをよくすることができるジャンルだとしたら・・・?

テレビはオワコン!4最強はPrimeビデオ!!

仮面ライダーと最新アニメでぼっち休日もたーのしー!しかも費用1/3以下!

AmazonのPrimeビデオの素晴らしいところは平成ライダーも昭和ライダーもしっかり押さえつつ最新アニメから過去の名作までしっかり見られるところですね。

オタクや体力に自信のない人に向いている一番コスパの良い娯楽は何か?と聞かれればぼくは間違いなくAmazon Primeビデオを推します!

テレビの録画のようにHDDを必要とせず、Amazonのアカウントさえあれば無料で見られる間はナンボでも見放題!

HDDやら円盤がないと見られないテレビと録画機械に依存していた生活がアホらしくなります。

オフラインで視聴もFireタブレット+MicroSDがあればそれに対応できますし♪

NHK公式より引用
NHK公式より引用

費用でも1310/月 VS 400円/月では月間910円。
年間なら10920円も差がつきますね。

年間契約にすればさらにダメ押しで900円も年間コストを圧縮できます。

ただ、ゲームとネットだけでいいという方もいるので、そういった方の為の変化球も考えてみました。

【コスパ最強】Prime会員になってPrimeビデオを使う

ギャルゲー/エロゲーは2本/年ならテレビより安い

【アニオタの節約】アニメ過疎地域(田舎)移住のすゝめ

wifiや回線なしでも楽しめる強み

ギャルゲーやエロゲーも予算を決めてしまえばテレビ以下のお値段で1年間遊ぶことができるでしょう。

積みゲーをしてしまえばHDDやSSDの容量を無駄に食うし、DLでの入手じゃないなら生活空間の圧迫さえ起きますからね。

もし、買い過ぎてしまうというのであればゴミ屋敷の片づけ動画でもYoutubeで探して視聴してみるとよろしいかと。
「買い過ぎてはいけない」「人ではなくなってしまう」という恐怖が確実に常識を上書きしてくれますから。

こちらはギャルゲーではありませんが、久々に古いのをやってみると違った感じ方で同じゲームを楽しめたりするかもしれません。

書籍だって、読むタイミングが違ったら全然違う味わいのひと品に感じられますがそれと同じですよ。
毎月のようにたくさん多々買わないと、なんて強迫観念に取り憑かれる必要などないのです。

1本6000円ほどの品ですし、2本/年で楽しめばサラリーマン生活と規則正しい生活の両立の合間にプレイすれば快適な速度での攻略ができますしね。

まとめ
テレビ代に換算すると10か月分以下。
ギャルゲーやエロゲーはテレビよりお得に楽しむことは十分可能。

ギャルゲー/エロゲは音・シナリオ・CGの総合エンターテインメントだ!

しかもエロゲは18禁なのでキッツいマニアックなジャンルまで網羅

ゲームという媒体の強みはR-18ジャンルまで踏み込めるので、テレビやAmazonプライムといった公共性の強い媒体では表現できないところまでエロゲーのごときR-18や18Gはしっかり克明に描いてくれます。

「禁足事項です」なテロップがつく凄まじいエロシーンとかアハトアハトに吹き飛ばされた敵兵のワタやら吹き飛んだ腕なんかが描けたりする。

恋敵を惨殺するスクールデイズがごとき表現を作り手が何の躊躇もなくできてしまい、買い手もそれをたっぷり堪能できます。

昼ドラでは手に届かない部分なんかをしっかり表現してくれる点ではどの媒体にも追随を許さない圧倒的な強みです。

テレビと同じく音・シナリオ・CGでしっかり描くという圧倒的な強みなのです。

抱き枕も調達できる!お買い物はAmazonで!

 

おわりに

課金してもCMカットできないTVなんていらない

公共性が高すぎてつい忘れがちですが、テレビというのは受信料という費用を払って視聴している有料媒体です。

それも1310×12=15720円も1年間払わなくてはいけない割と燃費の悪いサービスです。

スマホゲーなら1度の課金で広告は消えますが、民法の番組を見るとなればCMにぶつ切りにされた番組を金払ってるのに見る羽目になるわけです。

この記事ではエロゲーやギャルゲーという媒体を例に年間の娯楽費用の使い道の一例を紹介しましたが、オタクであろうとなかろうと無駄な支払いで自分の首を絞めてる方はたくさんいらっしゃいます。

テレビの他の無駄として代表的なのが固定電話回線契約ですね。
これもできたらすぐに解約し、Wimaxとスマホ回線の黄金コンビに換えれば圧倒的多機能化と費用の圧縮ができます。

オタクだからこそ、趣味以外の余計な支払いについては厳しくあるべき。

ぼくはそのように考えているのですが、いかがでしょうか?

すぽんさーどりんく




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアキバメシProjectをフォローしよう!

Sponcerd link