西住流は日常に活かせる実用的な行動規範だ

アニメのネタという枠にとどまらないネタがたくさん散りばめられているのがガルパンだと本気で思っているアニメオタク。重オタクリア重のとも提督です。

雑記である記事を書いてる時に気付いたんですが、西住流の実用性に改めて気付く機会があったので「西住流についての記事」を個別で作ってみました。

ぜひ、日常にてお役立てくださいませ!

【西住流】撃てば必中

いい仕事とは正確で早い射撃みたいなもんだ。

早く正確に。
これは射撃や装填だけでなく、あらゆる仕事に要求される要素です。

ミスなく仕事を行うことにかけては機械よりは劣ってしまうのが人間ですが、自己管理によってそれを最小限にとどめることは十分に可能です。

この記事は「花を活ける時のように集中」した華さんのようないい仕事をするために必要なことを西住流から学び取る記事になります。

「戦車道は人生にとって大切な全てのことが詰まっている」を実用レベルで体感していきましょう。

Panzer Vor!!【訳:戦車前進!(日)・avanti!(伊)・Go ahead!(英)】

早く正確な仕事を心がけるためには必要な4つの「堅い守り」

 

【西住流】守りは堅く

いい仕事を守るために自分の時間と健康を堅く守れ

いい攻めをするためにはいい守りも必要です。
いい仕事は健やかな肉体と正確に働く明晰な頭脳が必要。

なので、毎食コンビニ食など出来合いの物ばかり食べるほど自分を追い詰めるようなスケジュールを組むのは言語道断です。

そういった不摂生は仕事の質を下げるにとどまらず疲れを呼び、疲れはミスを呼ぶものです。

ティーガーやパンターといった重量級のドイツ戦車が足回りに気を遣って運用する必要があるのと同じで自分の肉体もまたしっかり気遣う必要があります。

オンラインゲーの鯖も週1でメンテしてることを考えれば人間にメンテが必要という意見があったとて何の不思議もないとは思いませんか?

当然、メンテ時間を確保するようスケジュールを組むことも重要で、せめて週に2回はキッチンに立てるくらいの体力的・時間的余裕は必要です。

体の頑健さを保つために、運動を意識的にする時間も設けるくらいでちょうどいい。

自分のための時間をしっかり確保し、健康を守ることで早く正確な仕事を実現する。

堅い守りとは臆病風に吹かれて攻め込まない保守的な思想のことではなく、健康保持のために時間を確保するために使うものなのです。

健康を守るために時間は余裕を持って確保すべし。
簡単に他人に蹂躙させてはいけない。

 

【西住流】進む姿は乱れ無し

規則正しい黒森峰のパンツァーカイルのような生活リズムを作れ!

健康のために必要なことは何も時間の確保だけでなく、規則正しい肉体の運用もまた重要です。

人間は習慣の生き物です。
よって一定のリズムで運用してやると最も長持ちし、仕事のクオリティや能率の下落を押さえられます。

サラリーマンや学生の場合なら、夜更かしや過度の残業、朝食抜きなど生活リズムがぐちゃぐちゃになるのは好ましくありません。

特にアニメオタクの場合は平日のリアルタイム視聴のために夜更かしなどをしてぐちゃぐちゃ状態に陥りがち。

休日に過度の寝ダメも良くありません。

自己管理に自信のない人なら沙織さんみたいにそこらへんしっかり取り締まってくれる存在がそばにいるとありがたいですね。

もし、過度のストレス等が原因で眠りが浅かったり寝つきや寝起きが悪くなるようなら仕事の仕方や時間の使い方を見直す必要がありますね。

「いい仕事」にこだわることを考えるならば乱れない生活リズムの構築もまた重視し、守っていく必要があります。

仕事そのものに問題があるなら転職や独立も視野に入れましょう。

乱れの少ない規則正しい生活リズムもまた「いい仕事」を支える重要要素だ

 

【西住流】鉄の掟

鉄の掟レベルの堅い時間管理で薄汚い時間泥棒に付け入るスキを与えるな

世の中、義理と人情などと言いながら人の時間を奪うことに躍起になっている魑魅魍魎にあふれています。

電話をうるさく鳴らして電話越しに泥棒するものすらはびこっていますからね。

そんな薄汚い奴らに付け入るすきを与えず、メンテ日をしっかりかつ堂々と確保しましょう。

怠慢だと謗られても気にする必要などないのです。

そもそも14連勤したとか200時間残業したとかが勲章にだったのは昔の話です。

いたずらに自らの肉体に鞭ばかりを打ち続けることはよくないのだと「守りは堅く」の項目で述べました。

そうならないよう仕事に使う時間とプライベートに回す時間、メンテ時間をしっかり配分し、厳格に管理しましょう。

いい仕事はいい土台なくしてあり得ないのですから。

厳格な管理で仕事の質を落とさぬようはからおう。
時間を安売りしたぶん、仕事のクオリティも安物になるのだから。

 

【西住流】鋼の心

薄汚い時間泥棒と世間の常識は絶え間なくぼくらを扇動し、自立を阻み続ける

鋼の心。
自制心や自立心といった面を支えるメンタルですね。

自分を高め、仕事の質もまた高めるためには周りの意見や世間にはびこる浮ついた言葉に対して安易に踊らされないだけの強固な自意識は不可欠です。

現代日本はどうしても自我を殺して会社の看板などの「他人の強さ」を頼り、その理想に共鳴することを尊しとして教えられました。

それどころか、ブラック企業にすり潰されるために労働設備として生産され、すり潰されて病院送りになる前提ですらあります。

他人の作った常識に従うよう強い外圧が掛かりがちな現代日本ではまさに鋼の心がものを言います。

何かをおかしいと思い、それを変えるためには自分が動かねばならないものです。

他人の言葉にふわふわさせられているようでは何も達成することなど出来はしませんし、いい仕事をしようとする意気すらたちまち消し飛んでいきます。

いい仕事にこだわり、仕事に魂を吹きこむ人はいつだってぶれない自分を持っているものだと覚えておいて損はないでしょう。

いい仕事にこだわる人間は自己管理を徹底するものだ。

おわりに

撃てば必中、守りは堅く、進む姿は乱れ無し。鉄の掟。鋼の心を日常に活かす

「撃てば必中」を支える4つの守りの柱。

これが西住流を日常の行動規範に落とし込み、役立てるために必要な構造的理解です。

いい仕事をするためには習慣を守り、財産を守り、自制心を持ち、自制心依存だけでダメな部分を規律で律し、規律だけでどうにもならない部分をメンタルで支える。

西住流を日常で生かす上で大事な考え方と言えるでしょう。

黒森峰の西住まほ隊長みたいに芯が強い実力者であろうと思うなら実践したい心がけですね。

すぽんさーどりんく




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアキバメシProjectをフォローしよう!

Sponcerd link