いきなり見ると古いアニメは現代人にとっては苦行かも

アニメの進化を感じられるのが日本を代表する某有名ロボットアニメの作品群。

ぼくは無印(以後ファーストと呼ぶ)をいきなり見て苦行だと感じて挫折したのですが、ある作品を見た後だとすらすら見れるようになりました。

というわけで、挫折した人向けにこの作品を現代人が快適に楽しむための方法をお伝えします。

ファーストを見る前にユニコーンとORIGINを見よう!

ファーストから見ると苦行だった

ぼくはファーストにもっさり感を禁じ得なくなって、先述の通り、途中挫折したのですが、最近になってまともに見られるようになりました。

ファーストって構成の仕方などが30年以上も前の古い子供用アニメである分、現代アニメにならされきった身には過度に淡白な味付けなんです。

淡白な味付けの食べ物を美味しく食べるには優れたお出汁や調味料が必要ですよね?

その調味料がぼくにとっては「ユニコーン」と「オリジン」というわけなんです。

Primeビデオには作品世界を楽しみ尽くすお膳立てが整っている
Primeこそロボット物見る上でもっとも優遇された視聴環境だ!

入口はユニコーンがオススメ



知識0から入れる見やすい作品!

宇宙世紀元年に触れつつ0096というZZ終了後の世界(ファーストは0079~0080)が描かれる現代アニメです。

シナリオ、全体構成まで非常に秀逸であり、ストーリーがのどごし抜群の讃岐うどんのように体に入ってくるのです。

ブライト・ノアとカイ・シデンが出演してるのも憎い演出であり、同時にファーストを楽しむ前準備としては結構重要だったりします。

ファーストからZZまでの時を過ごした後の老成した彼らの前史をたどるという感覚で楽しめるからです。(特にカイに関しては)
ユニコーン見るならprime一択!

ORIGIN1~4で前史を掴んでからみるとハマれる!

Amazonが4までをプライムにする理由

それはファーストの第1話から見れば正史がしっかり繋がるから。

ランバ・ラルとハモン、ザビ家(フルメンバー)、ミライ・ヤシマ、わずかながら登場する生前のジオン・ズム・ダイクンなども登場し、いよいよ準備が整ってきます。

ここでの主人公はシャア・アズナブル。
彼がファーストに登場する前に名前を2度変えて赤い彗星になるまでが描かれています。

彼のマッドさが魅力的に伝わってくる良作です。

シャアの人格形成について触れられているので本当に楽しく4時間(1話60分ほど)が過ぎ去っていきます。
ORIGIN見るならprime一択!

おわりに



登場メカをプラモを買ってじっくりながめよう!

という宣伝文句はさておき、ファーストまでの前史とキャラクターの前後史を現代アニメで押さえてしまえば、昔のアニメでもすごく鮮やかなものとして試聴できます。

ファーストをクリアしたら次はZですね。

Zを苦行とする人もちらほら見えますが、Zについてもまとまったら被検体としてここに追記するとします!

今のところ快適に視聴できてます。
ネタ成分多めの人には楽しめる作品です!

足りないものや成分なんかがあったら併記できると嬉しいですね。(その場合は別記事化するかも)

ファースト観るのが苦行になりそうな現代っ子に作品の良さを伝える際にはぜひ参考にしてみてください☆(説明書としてこの記事もLINEとかで送ってあげよう♪)

すぽんさーどりんく




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアキバメシProjectをフォローしよう!

Sponcerd link