普段の食事に1食100円以上はないわー(真顔)

節約の鬼もやってます!重オタクリア充のとも提督です。

オタクの方ってオタ生活以外の面でも大きな無駄を背負っている方が多いようにも見えることがあります。

その背景もある程度は察しが付くのでそういった点を含めて生活のムダ削減について一緒に考えて行こうじゃありませんか。

500円の惣菜?ありえん。

取材が雑なのかもしれないが?

ネットでサクッと出てくる「オタクの食生活」に関する検索結果ではアニメオタクがテレビ出演し、床に容器を置いて正座して500円分の惣菜を食ってる画像ですね。

大都市勤務での低賃金長時間労働を前提とした生活であっても毎食であれば500円/食は無駄すぎです。

調理時間と労力の削減を目指すならカップヌードル生活で達成は出来ますからね。(お勧めはしない)

ハッキリ言えばオタクが大都市で勤務するなんて非合理はナンセンスです。

時間・金銭・防犯・健康で無駄が多すぎてお話になりません。

大都市なんぞ出会いが欲しい時とイベント開催時だけフラッと足を延ばせば十分なのです。

大都市脱出しても自信がない?ならば!ない自信をカバーするツールを紹介する!

大都市での生活そのものが無駄


時間・金銭・防犯・健康面での圧倒的アドバンテージ
オタクと相性いいのは地方都市勤務・生活。 大都市勤務は相性最悪。

賃金が落ちる代わりにランニングコストの削れる幅が拡充して大都市勤務より格段にいろんな面で余裕を作ることすらできます。

時間のアドバンテージ

中小で働けば職住接近もしやすいですし、自転車通勤を望んでも現実的だと言えます。

片道一時間以上も満員電車での通勤」とかアホらしいですよ(笑)

小規模ながら都市だけに病院などもあり、看護師などの専門職が生きる場もありますからね。

今、看護師が強い理由

長時間勤務のところさえ避ければ食事を作る時間の確保も望めますし、おいしい食事なんて「毎日イチからつくる」義務なんてないですから。

生活そのものをこのように合理化すれば趣味の時間だって十分に確保が出来ます。

オススメはしませんがピンチの時はもやし生活やお米生活だって出来ますし。

オタクによる食費合理化の知恵(野菜炒め・鬼活用術)

金銭のアドバンテージ

大都市勤務時代の選択肢に比べて安い上に大都市勤務時代以上にいい物件を借りられます。

ネット環境に関する選択肢もひと工夫すればもう一声トータルコストが下げられますし。

時間を手に入れることで食費節減がはかどるのも強いですね。

栄養取る時は苦し紛れの500円惣菜で基本は150~200円出してカップ麺やマクドなんていう大都市勤務時代の不合理に悩まされる必要がなくなります。

自炊メシなら1食100円以下で栄養もしっかり摂れます。

生活の質的向上が望める上に食費と居住コストが半減するのは美味しくないですか!?

栄養失調は金銭的にも肉体的にも怖い(マジレス)

防犯のアドバンテージ

満員電車リスクを回避しやすい環境というのは『防犯面のアドバンテージを与えてくれます。

女性なら痴漢被害を、男性なら痴漢冤罪被害と無縁な生活を手に入れられますからね。

犯罪みたいなムダなリスクを抱えた上に健康を侵食するレベルのストレスを抱え、時間を奪われた上に節約の幅まで奪われるとか最悪ですよw

大航海時代でのガレー船要員の刑の方がまだマシかも、なんて冗談すら飛ばせそうです。

奴隷船の悪夢@大航海時代が現代日本にパワーアップして再び!?

健康のアドバンテージ

自転車通勤等も視野に入れられるので職住接近もしやすくなるので通勤時間削減により、調理時間を確保できます。

やろうと思えば究極奥義「もやし生活」も望めます。(お勧めはしない)

時間的恩恵に止まらず満員電車による痴漢冤罪や痴漢被害と無縁になることを可能にし、戦場並のストレスから解放されるって嬉しくないですか?

1ヶ月でカップめん生活より栄養がとれて費用を50%程度オフできるのはムネ熱ですね!

栄養失調のリスクと将来の医療費暴騰の回避まで図れるのですから。

将来の医療費まで考えをめぐらせ、目先のトラブルも防ごう!

居住空間の使い方

【オタクの宿命】収集品によるスペース圧迫問題【オタ部屋?汚部屋?】

棚より優秀なデジタルガジェットでスペースを圧縮などで対応しよう

紙の本は結構かさばってスペースを圧迫します。

Book×FFなどでまとめ買いセットを見れば想像以上にえげつないスペースをとることが簡単に理解できるでしょう。

ディスク関係も蒐集家が手を出せば半端なくスペースを取ります。

ゲームはブラウザゲーとDL販売もの以外は手を出さず、映像コンテンツと書籍はprime会員なら爆安入手ができるfireタブレットにまとめると決めてしまうのが一番イイです。

フィギュアは「3か月ほど目に留まらないものは箱に詰め直して売りに出す」等で合理的に処分しましょう。

問題はガンプラ。

改造品はコンテストで入賞でもしない限りは持ち主以外から必要とされない子なので一番処分に困るものですね。

せめて地域の子供に寄付したり、ジャンクパーツ詰め合わせ売り場がある店なんかがあって二束三文で売れるところがあるといいのですが。

少なくともちゃぶ台がオタグッズで埋まって足の踏み場がない状態は避けたいですね。

3度の飯よりアニメが好きでも「人間らしく食卓の上に飯の入った器を置いて食べる」くらいはこだわりたいものです。

ガンプラの管理について考えてみた(準備中)

おわりに

オタクに必要なのは余裕

余裕は大事です。

大都市生活で消耗してると目先のことしか見えない量産型の使い捨て生産設備になってしまいます。

マリーダさん(UC)の言葉を借りれば「マシーンと同化」とでも言いましょうか。

自分の意志でマシ-ンやシステムを屈服させるだけの余裕と強さがぼくらには必要なのかもしれません。

「マシーンにのまれて同化した」人が余裕を再びその手にする助けになればと発信をするのがぼくのような存在なのかもしれません。

バナージほど熱くてかっこよくはないでしょうが。

オタクの読者様が内容を活用して余裕を手にしてオタク生活の充実することに力を貸せたのならぼくはこの上なく幸せです。

すぽんさーどりんく


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でアキバメシProjectをフォローしよう!

Sponcerd link